なすみの日常ブログ

アラフォー独女のぼっち生活

外出がおっくうすぎる

先週、心当たりのないピンポンをされました。

心当たりのない訪問はすべて無視する主義なので居留守でやり過ごしました。

数日後、買い物をするために外出し、その時に郵便受けを確認したら郵便局の不在通知が入っていました。

通販した記憶ないんだけど何なんだろ?

と思い不在通知を確認と差出人が「役所」で種類が「簡易・記録」となっていました。

これは、間違いなく保険証だ。

7月だし。

 

期限までに郵便局に受け取りに行かなければならない。

めんどくさ。

うちから郵便局までってかなり近いんです。

時間をはかったことはないけど、多分徒歩で7、8分もかからない。

うちから郵便局の屋根が見えるし。

それでもめんどくさい!

毎日、今日こそ行かなきゃと思っていましたが、結局取り置きの最終期限である本日、やっと郵便局に行ってきました。

なんでこんな雨のなか、外出しなければならないんだってため息をつきながら。

靴はもちろん、ズボンもびしょびしょに濡れました。

受け取った封筒は濡らしてはならないとショルダーバッグを抱きしめながら帰ってきました。

雨じゃない日に行っておけばよかったー。

後の祭りです。

 

「郵便局に行く」のがめんどくさいというより、「外出する」のがめんどうなんです。

外出するとなるとそれなりの準備をしないといけないから。

私の(近所への)外出の準備

  • コンタクトを入れる
  • 歯磨きをする
  • 髪の毛を整える
  • 晴れてたら日焼け止めを塗りたくる
  • 着替える

どれ一つとってもめんどくさいですが、どれも省略できない。

「めんどくさい」以外の言葉が出てこない。

コンタクトを入れるのはおしゃれのためではありません。

眼鏡のままだと、夏は汗が拭きにくく、冬はお店に入ると曇るからです。

近所に買い物に行くくらいの外出であればお化粧はしません。

誰も私の顔なんて見ませんから。

それでも昔は眉毛だけは絶対に書いていましたが、いつの頃からかどうでもよくなりました。

着の身着のままに外出できたらどんなに楽だろう。

現状、私が外出するのって週に1、2回です。

それでもめんどうって思うなんて、もう働けないんじゃないかって思ってしまう。

働くために外出するならお化粧もしないといけないし、汗とか体臭も気にしないといけない。

 

ずっと家にいることがすごくストレスに感じる人もいるらしいけど、私はそうではありません。

ずっとこのまま家にいたい。

誰とも交流しなくてもいい。

私の寿命はいつまでなんだろ。

それがわかれば、まだ働かないといけないのか、このまま貯金をちょっとづつ崩しながら暮らせばいいのかがはっきりするのに。