なすみの日常ブログ

アラフォー独女のぼっち生活

3回目の接種、さっさとやっとけばよかったかな

またコロナの感染者が増えているらしい。

私は予防接種を2回目まで打ったんですが、3回目はまだです。

もう打たなくていいかなって思ったんですけど、やっぱり打っておけばよかったかな。

1回目、2回目の注射のあと、私にでた副反応は注射部位(左腕)の鈍痛と全身の倦怠感でした。

他の人と比べれば比較的軽いものだったと思います。

それでもつらかった。

3回目も打ったほうがいいと思いながら、打ちたくないって気持ちもあるんですよね。

 

私に3回目の接種券が届いたのはたしか3月の終わりか、4月の初めの頃です。

その頃はまだ3回目の接種に前向きでした。

でも、予約とかめんどくさいなーって思ってちょっと放置しちゃったんです。

そうしているうちに、4月の終わりごろ魚の骨がのどに刺さるという大事件が起きてしまった。

nasumi-my-life.hatenablog.com

あの頃はとにかくノドのことで頭がいっぱいになり、注射どころじゃなくなっちゃったんです。

その後、ノドが落ち着くまでの約1か月間、ずっとノドのことばっかりで注射のことなんか考えられなかった。

そうしているうちに、世間のコロナの様子もなんとなく落ち着いてきたような感じになっていったように思います。

だから、ノドのことが落ち着いた頃にはもう注射をしようって気持ちがだいぶしぼんでいました。

 

世間の雰囲気もコロナはこのまま収束するんじゃないって感じでした。

だから私はもう注射はいらんでしょう!って考えるようになったんです。

それなのに、また増えるなんて。

 

こんなに感染者が増えているってことは、私の生活圏でも増えているというこでしょう。

たとえ、週に1、2回、スーパーやドラッグストアにしか外出しない生活をしているとはいえコロナにかかるリスクがゼロなわけではない。

私はBMIで肥満に分類されますので、コロナにかかったときの重症化リスクは高いと思うんです。

健康診断も最近受けていませんので自分が気が付いていない病気もあるかもしれないし。

コロナで苦しみながら死ぬのはイヤだ、死ななかったとしてもつらい後遺症を抱えながら生きるのもイヤだ。

または、私がコロナにかかり軽症ですんでも、たまに実家に帰った時に高齢の父に移してしまい、それが原因で父が亡くなるのはイヤだ。

もう腹をきめて受けるしかないか。

 

そう思う一方、週に1、2回、一度の外出につき30分から1時間程度だから、コロナに感染するリスクはかなり低そうな気もする。

基本は引きこもりで誰にも会わない生活をしています。

それなのに打つ必要あるのかな?とも思ってしまう。

副反応だって、1、2回目よりももっとひどい症状がでるかもしれないし。

こわいなー。

 

今のところはもうちょっと様子をみようかなという姿勢です。

夏が終わってもまだコロナが大変な状況なら打ちに行こうかな。

でもわかんない。

ある日やっぱりもう打ちにいくわ!って考えを変えるかもしれないし。