なすみの日常ブログ

アラフォー独女のぼっち生活

換気扇が故障して風呂場が地獄

f:id:nasumiblog:20210104111542j:plain


先週、換気扇が故障しました。

経緯はこちら

 


換気扇が故障したと管理会社に電話したら普通はどのくらいの期間で修理または交換してもらえるのでしょう。

わからない。

洗面所の下水の匂いの訴えを無視された過去もあるしまた無視されないか不安です。

ただ今回は絶対にあきらめられません。

換気扇がないと風呂場がカビやすくなってしまうので困ります。

以前風呂場に小さい窓が付いている物件に住んだこともありました。

そういう物件であればすごく換気しやすかったけれどこの物件にはないし。

 

匂い地獄

何度も書いているようにここの洗面所は下水の匂いがします。

日によって匂いは強くなったり、あまり気にならないくらい薄れたりはします。

お風呂場の換気扇が動いているから、匂いはまだましなはずって思っています。

しかし、換気扇が壊れてしまった今、洗面所&風呂場は下水の匂い地獄です。

洗面所のドアを開けるとき「今日はあまり匂いがしませんように」と念じながら開けないといけないなんて・・・ありえない!

昼間は部屋の窓をあけて換気するので、その時には洗面所のドアも開放し換気するようにしています。

先週くらいの気温ならまだ窓を開けていられました。

しかし季節はどんどんすすみ寒くなっていきます。

今はあまり窓も開けっ放しにしておけません。

匂いがこもっていると考えるだけでもおぞましいです。

 

洗面所のドアは他のドアとちょっと違っています。

気密性を高くするためか、他のドアと比べるとぴったりと閉まるようになっているのです。

以前の住人に下水臭いと訴えられたときにはいろいろ対応したそうなのでその時に匂いが漏れにくいようにわざとそうしたんだと思います。

それでも洗面所のドアの前はちょっと匂います。

 

湿気地獄

換気扇が壊れたとき、梅雨の時期じゃなくてよかったと思いました。

梅雨だったら下水の匂いと湿気のダブルパンチ間違いなしでしたから。

今は日が出ているうちにシャワーを浴びるようにしています。

シャワー後に部屋の窓をあけ、洗面所のドアも開けて換気するためです。

夜に窓を開けるのは寒すぎるので無理です。

風呂場にカビが生えるのもなるべく予防しておきたい。

 

しまっていた扇風機も風呂場の換気のためにまた出しました。

シャワーの後にはしばらく扇風機をかけています。

今の時期の扇風機は寒い・・・

自分の身体にはあたらないようにしますがスイッチをオンにするときは身体にあたってしまいます。

それにドアを閉めていてもなんか部屋の空気が動いている感じで寒いんです。

 

ああ、換気扇が壊れることがこんなに日常生活に支障をきたすとは・・・

つらいです。

 

電話対応もストレス

管理会社の感じ悪い対応しかしないこの物件担当のおじさんが業者と連絡とって私に電話してくれる予定です。

電話って苦手です。

いつかかってくるかわからなくて気になるとずーっと電話を気にしてしまう。

それに突然鳴るのですごく驚いてしまう。

インターホンも電話も突然鳴るからほんとに心臓が止まるかと思うくらいびっくりしてしまう。

ただでさえ電話が苦手なのにあのおじさんと話さないといけないこともストレスです。

 

週の頭に管理会社に電話したわけですがその週はなんの音沙汰もなく過ぎました。

そして次の週である今週、やっと電話がかかってきました。

おじさんによると部品を取り寄せていて時間がかかっているとのことでした。

来週くらいにその部品は届く予定で届いたらすぐに直してくれるそうです。

そして「電話は午前中でも大丈夫ですか?お仕事の都合は?」とまた聞かれます。

「今、無職なのでいつでもいいです」と言ってしまえばいいとわかっています。

でも今の私の精神状態では言えません。

また精神をえぐられ電話終了です。

  

とりあえず、換気扇に関しては今年中に終わりそうなのでほっとしています。

 

私のこと

ここ数日寝ても覚めても仕事のことが頭からはなれません。

常に緊張状態にあってすごくストレスを感じています。

なんだかずっとドキドキしています。

仕事のことを考え始める前はすごく落ち着ている感じだったのに、今は常に不安を感じていてちょっと不安定。

ああ、地球が大爆発してくれれば木っ端みじんに宇宙の塵と化せるのに。

考えがどうしてもマイナスの方向にしか進みません。