なすみの日常ブログ

アラフォー独女のぼっち生活

日記【2022年9月】
日記【2022年8月】
日記【2022年7月】
なすみの日常ブログ

「女性が好きなの?」と質問されたことがある

けっこう前のことなんですが、タイトルのとおり「女性が好きなの?」と当時勤めていた職場の同僚に聞かれたことがあります。

前回の記事で、「女性」のアイドルが好きって書いたときにふと思い出しました。

なのでそのことについてブログに書いてみようと思います。

 

私が恋愛対象としているのは男性で、女性を恋愛対象としては見れません。

今はもうこの年齢だし、無職の引きこもりなので恋愛自体が私に関係のないものになってしまいましたけど。

質問されたとき、驚きましたが普通に「そんなことないよ」って答えたと思います。

ただ、頭の中ではいろいろ考えました。

 

聞かれたときにまず頭に浮かんだのは、

「私は周囲からそう見えているのか・・・」

ショックというか、ビックリというか、混乱しました。

次に、

「その質問をした意図は何?」と思いました。

彼女には私が人に言えない悩みを抱えているように見えたのかな?

それとも、自分もそうだよってことを伝えたかった?

いや、彼女には彼氏がいたのでそれはない。

そして、

「私って女性が好きなのかな?」

って自問自答しました。

確かに20代後半にもなって男性とのお付き合い経験もなかったし、自分ではそんなことないって思うけど、実はそうなのかな?・・・って。

 

1匹いたら100匹いるって言うじゃないですか。

そんな質問をしてきたのは後にも先にも彼女だけでしたが、言葉に出さないだけで周囲の人からはそう思われていたのかもしれません。

もしかしたら、私のいないところでみんなでその話題で盛り上がったりしてたのかなって思ったら、悲しい気持ちになりました。

 

ちなみに私が当時、彼氏いない歴=年齢だったのは単純に人との付き合いが苦手だったからです。

知らない人と知り合うことがとてつもなく苦手なのと、仕事で体も心も削られているのに出会いのために休みの日に外出しようという気持ちに全くならなかったこと。

疲れに行くよりは家にいて一人でぼーっと過ごしていたいって思っていました。

なので、同僚が合コンとか積極的に出会いの場に行っているのを、横目で見つつ私には無理って思っていました。

一度だけ合コンに行ったこともありましたが、すごく疲れてしまい、もういいって思いました。

出会う努力をしていた同僚たちは次々に彼氏ができましたが、努力をしない私にはできませんでした。

ただそれだけなんです。

なのに、男ではなく女が好きなんじゃ?という考えになってしまうなんて。

 

 

自分は女性が好きなのか?ということを自問自答したこともありました。

当時、「アリーマイラブ」と「sex and the city」というドラマがすごく気に入っていて、休みの日に繰り返しみていました。

登場人物が自分は異性愛者なのか同性愛者なのかということを悩む話があるんです。

それを見ながら、私ってどうなのかなって本気で考えたんです。

考えた結果、やっぱり女性を恋愛対象とは見れないという結論が出ました。

 

恋愛対象にはしていませんが、私は男性より女性のほうが好きという場面はいくつかあります。

まず、アイドル。

男性アイドルにはまったく興味ありませんが、女性アイドルはずっと見ていたいくらい好きです。

ただ、日本のアイドルは幼く見えるので好きではありません。

私が好きなのは韓国のアイドルです。

彼女たちはとても魅力的で、すごくひきつけられる。

髪型、化粧、衣装、スタイル、ダンス、歌、見るところ満載です。

どれだけ見ていても飽きなくて、繰り返し見てしまう。

 

モデルやグラビアを見ることも好きです。

女性の体の曲線が好きなんだと思う。

キュっとしていたり、ボンっとしているところが好き。

あんまり凹凸がないすらっとしているのも好きです。

なにより、みんな努力してきれいな体を作っているところが尊敬できる。

化粧や服でどんなようにも変化するところも見ていてあきません。

ヴィクトリアズシークレットのショーとかすごく好きで画像とかよく見てたのに。

時代に合わないとかでなくなっちゃったんですよね。

なんかなー。

 

私は恋愛対象としては女性を見ていないけど、趣味の範囲では男性より女性のほうが好きです。

どう言ってもなんかあやしい感じになってしまうのはナゼ・・・。